新発田自動車学校の教習指導員ブログ いつもブログを御覧頂き有難うございます!!
FC2ブログ

新発田自動車学校の教習指導員ブログ

笑いあり、涙ありの痛快日記。又、当校よりお得な情報も発信します。

プロフィール

safetydrive

Author:safetydrive
<教習車種 他>
・普通自動車 ・自動二輪車
・中型自動車 ・大型特殊車
・けん引車 ・安全運転講習
・高齢者講習

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いつもブログを御覧頂き有難うございます!!

2008/11/11(火) 16:30:39

菅です


自動車学校では卒業時にアンケートにご協力頂いています


少しでもお客様に安全、安心、快適に教習を受講していただくために、


皆さんの貴重なご意見、お客様の声を大切にしたいと考えています。




その中でも嬉しいのが、


「また来たい 卒業したくない


「○○先生が最高でした 楽しく免許を取る事が出来ました



とか、

「皆さん、とても気さくで温かい自動車学校でした この自動車学校を選んでよかったです

などなど、指導員一同とても喜んでおります





でも。。。





何故か、私(菅)の名前を間違える人が多いのです。。。




 竹冠(たけかんむり)ではありません草冠(くさかんむり)です 



  字は合っていますが、「カン」ではありません 




この間、アンケートで、




とっても分かりやすく、親切に教えて頂いて有難うございました


楽しく教習を受けられました


有難うございました 菅 直人先生




って





私の名前、直人じゃありません


 秀人(ひでと)ですから 
指導員記事全文トラックバック数:-コメント数:6
<< 父からのお土産ホーム全記事一覧目の前で!! >>

コメント

菅先生~!
わたくし華ちゃんは
昨日免許とることができました!
免許とれたのは嬉しいけどいろんな先生と仲良くなれたのに卒業したくなかったです(;_;)
免許とれたことだし自分の運転で近々車学遊びにいきますね( ̄ー ̄)

以上
コメントにて
報告おわります(笑)
URL|華 #-|2008/11/11(火) 16:50 [ 編集 ]

ハハハおもしろいですね
わたしも少し前までカン先生だと思ってました勝手に何かスガよりカンの方が読みやすいんですよねすいません
URL|もっち~ #-|2008/11/11(火) 17:47 [ 編集 ]

新発田自動車学校は
本当にいい学校です
これからも今まで通り
楽しい学校を
守り続けてください
また遊びに行きます
URL|いけだ #-|2008/11/11(火) 18:48 [ 編集 ]

菅先生こんばんは!
9月に免許取得後、車を運転する機会はあまりありませんが、いざというときにペーパドライバーでは危険なので、運転する時には基本を確かめながら運転しています

遊びに行った場合、とりあえず受付に行けばいいんですか
URL|ビリー隊長 #-|2008/11/11(火) 20:57 [ 編集 ]
皆さんm(._.)m
華さんおめでとうございます 是非遊びに来て下さいねお待ちしています もっちーさん 『かん』ではありません『すが』です これを機に覚えて下さいね

いけださん さすけ共々お待ちしてますよ ただ今度来る時は、昼休みの時間を間違えないで下さいね ビリー隊長
ペーパーですか
基本も大事ですが、適度に車に乗り感覚を養うのも大切ですよ
まぁ、遊びに来る時は無理せず、得意の自転車で来て下さい
もちろんサイクリングの格好で来て下さいね
出塚さんも楽しみにしてますよ
URL|菅 #-|2008/11/11(火) 21:59 [ 編集 ]

明日晴れたら山形に行きます
帰って来るのが14~15時くらいになると思いますが、その時間におじゃましても大丈夫ですか
URL|ビリー隊長 #-|2008/11/14(金) 12:33 [ 編集 ]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新発田自動車学校の教習日記

QRコード

RSSフィード

Copyright(C) 2006 新発田自動車学校の教習指導員ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.