新発田自動車学校の教習指導員ブログ 車に酔うのでは!?と心配な方へ
FC2ブログ

新発田自動車学校の教習指導員ブログ

笑いあり、涙ありの痛快日記。又、当校よりお得な情報も発信します。

プロフィール

safetydrive

Author:safetydrive
<教習車種 他>
・普通自動車 ・自動二輪車
・中型自動車 ・大型特殊車
・けん引車 ・安全運転講習
・高齢者講習

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

車に酔うのでは!?と心配な方へ

2008/03/06(木) 16:37:35

「私、車にすぐ酔うんです。だから極力、車に乗りたくないし。。。」と、心配して、
まだ免許を取っていない方、少なからずいらっしゃると思います。

気持ちは痛いほどわかります

何故って

それは私がそうだったからです

「えっ 自動車学校の教官が車に酔っていたなんて

じゃあ少しだけ、私の体験談を聞いてください

私が小さい頃は 「タクシー」「バス」と聞いただけで酔いそうでした。

あのニオイが駄目なんですよね。。。

家族で旅行に出かける時も、車で100メートル走っただけで 「ちょっ、ちょっと止めて」
とすぐに「チョット待ったコール」をしていました。

なので私の特等席はいつも「助手席」。そして酔わないポイントは直ぐに寝ること

中学校の修学旅行でもバスに乗る時はいつも「ダッシュ」でした。

狙うは特等席運転手さんのすぐ後の席 {セーフティーゾーン}酔いやすい人のプレミアシート

何せ、少しでも遅れてしまうと、バスの後の席になってしまうからです。。。

さらに酔いやすい人の一番嫌な席、名づけて 「デッドシート」

どこの席かと言うと、バスの後タイヤの上の席(乗ると一番酔いやすいという伝説の席)になってしまう可能性があるからです。

さらに乗り遅れた場合、バスの真ん中にある補助席、そう景色も一切見えない圧迫補助シート

この席になってしまうと、2泊3日の楽しい修学旅行も、2泊3日の苦しい最悪旅行になってしまうのです。私の場合。。。

今現在でも走行中に下を向いて本を見たりするとすぐ酔います。

そんな私でも自分で運転をするようになると大丈夫です

自分で運転するようになると、緊張しているせいか不思議と酔わなくなります

中には「自分で運転していて気持ち悪くなりました」という人もいると思いますが、私の経験上、10年に1人か、2人位です。
その方達も勿論、次から大丈夫です

しかし私には昔酔わなかったのに今駄目という乗り物があるのです。

それは。。。




「ブランコ」です。

私は苦手です。。。

皆さん、車酔いで免許取得をためらっている方がいらっしゃったら、是非私にご相談ください

きっとお役に立てると思います。

そのほか、悩み事など、なんでもご相談ください

             新発田自動車学校  菅



指導員記事全文トラックバック数:-コメント数:2
<< もうすぐ二輪教習が始まります!!ホーム全記事一覧指導員の昔こんな。。。(部活動編)15 >>

コメント

私は新車がダメですxxxあのにおいが苦手で…どうにかしたいですけどどうにもなりませんよね?
ブランコ!なんだか分かります!車酔いとはまた違った酔いに襲われます…
話をしていると酔わないって本当ですか?
URL|a #V0SUAoIo|2008/03/07(金) 09:14 [ 編集 ]

っ わかります
新車特有の臭いを取るには、乗らない時になるべく窓を開けておけば早く臭いは取れますよ! よくカーコロンを置く人もいますが、新車の臭いとブレンドされるのも如何なものかと思います。それならば消臭剤が
『話をしてると酔わない』というのは一概には言えません。 話が盛り上がっていればこそだと思いますよ! それより自分でハンドルを握るという適度な緊張感がいいのだと思います! 迷っているならまずは第一歩
URL|菅 #-|2008/03/07(金) 12:41 [ 編集 ]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新発田自動車学校の教習日記

QRコード

RSSフィード

Copyright(C) 2006 新発田自動車学校の教習指導員ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.