新発田自動車学校の教習指導員ブログ 2008年02月17日
FC2ブログ

新発田自動車学校の教習指導員ブログ

笑いあり、涙ありの痛快日記。又、当校よりお得な情報も発信します。

プロフィール

safetydrive

Author:safetydrive
<教習車種 他>
・普通自動車 ・自動二輪車
・中型自動車 ・大型特殊車
・けん引車 ・安全運転講習
・高齢者講習

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

実録! 九死に一生スペシャル! (奇跡)

2008/02/17(日) 16:46:32

私は当時の様子を、こう振り返る。

この事故に巻き込まれて感じたことは、大きな事故ほど痛みが麻痺して分からなくなる。
{いわゆる死に近いということ}

ついこの間、足を捻ったときのほうが断然痛かった
{生きているという実感がある}

人はこんなにも、あっけなく死んでしまうのか{痛みを感じず一瞬で}という恐怖心がドンドン沸いてきました。

まさか、まさか事故を起こすとは思っていませんから。

そう思うと怖くて車の中では寝れなくなってしまいました。

 後で警察の方からも 「よく生きていたね。 まさに奇跡だ。運が良かったんだよ、スピン(回転)していたから衝撃が少なく助かったんだ。 もしスピンせずにダイレクトにぶつかっていたら君は間違いなく死んでいたよ」と言われ
背筋が凍る思いをした瞬間でした。 {ゾォ~}


ただ、ひとつ、痛かった のは、親に心配をかけたうえ、上越まで迎えにきてもらったということ。。。

警察から母に電話があり、 「息子さんが高速道路で事故に遭い、ただいま意識不明の重体です。」と言われたそうです。

母がどんな気持ちで上越まで迎えにきたのか、そう思うと心が痛いです。
{心配かけてすみません}

体に受けた傷は癒せても、心の傷は癒せません。




では、この事故は防ぐことが出来なかったのか。。。

起こるべくして起こった事故。{濡れた路面でスピードの出しすぎによって起きたハイドロプレーニング現象でした。}



このような事故がひとつでも無くなるよう、これからも体験談を交えながら教習していきます

            交通事故ゼロの日がくるのを願いながら。。。

                                指導員 S








指導員記事全文トラックバック数:-コメント数:6
ホーム全記事一覧

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新発田自動車学校の教習日記

QRコード

RSSフィード

Copyright(C) 2006 新発田自動車学校の教習指導員ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.