新発田自動車学校の教習指導員ブログ 2008年02月14日
FC2ブログ

新発田自動車学校の教習指導員ブログ

笑いあり、涙ありの痛快日記。又、当校よりお得な情報も発信します。

プロフィール

safetydrive

Author:safetydrive
<教習車種 他>
・普通自動車 ・自動二輪車
・中型自動車 ・大型特殊車
・けん引車 ・安全運転講習
・高齢者講習

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

実録! 九死に一生スペシャル №2 (激突)

2008/02/14(木) 16:37:18

「キャ~ッ」という悲鳴が車内にこだまする。

後部座席で寝ていた私は何が起きたのかと 「バッ」飛び起きた。

目の前を見るとなんと前に座っている2人が両手を挙げているのが見えた。

「なぬ~っ 運転手も両手を離している~ギョェ~

080213_200549_ed.jpg


正面のフロントガラスを見ると、車はスピン(回転)しているため、景色は流れていて全く見えない


まさに 「万事休す

080214_132837_ed.jpg


寝ている状態からいきなり悲鳴で起こされて状況のつかめない私だったが、それでも冷静に対処した。

「これは何処かにぶつからないと止まらないな。。。 はは~んわかった これはハイドロプレーニング


  説明しよう

「ハイドロプレーニング現象」とは、(水膜現象)

路面が水でおおわれているときに高速で走行すると、タイヤが水上スキーのように水の膜の上を滑走することがあります。これをハイドロプレーニング現象といいます。このような状態になると、ハンドルを切っても、ブレーキペダルを踏んでもまったくきかなくなって、路外に飛び出したり横滑りを起こすなどして非常に危険です。
これを防ぐには、すり減ったタイヤを使用しないことと、強い雨の時は速度を控えめにすることです。

080214_133354_ed.jpg


{これ、よく覚えておいてください テストに出るかも知れませんよ

ハンドルもブレーキも全く利かなくなった暴走車は、まさに暴れ馬

何処へ行くのか、あとはただ神に祈るのみ。。。

下を向き目を閉じると小さい頃の思い出が走馬灯のように思い出された。

その直後


車は激しくスピン(回転)をしながら2回激突

ようやく停止。

しかし、安心したのも束の間、その衝撃により車の右前方より出火

その火は瞬く間に広がり、黒煙があがる

車内に取り残された4人、

このままでは4人共、焼肉になってしまう

いったいどうなってしまうのか~{ガチンコ風}
指導員記事全文トラックバック数:-コメント数:0
ホーム全記事一覧

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新発田自動車学校の教習日記

QRコード

RSSフィード

Copyright(C) 2006 新発田自動車学校の教習指導員ブログ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.